世の中の情報は整理されたけど、人が扱えるようにはなっていない ~2018/01/09 のおすすめ記事~

今日のおすすめ記事とコメント

 コメントを再掲すると

収益多角化とジャーナリズムによる価値の再考、信頼の回復。

報道に関しては殆ど人は関わらなくなってきて(そのほうが信頼できる)、その分析の方に価値が置かれるようになるのはホントにそうだと思う。でも読者からすると一つ当たりの記事に使う労力が増えると、今度は多くの記事を読むことができなくなる... 広く深く読むというのは、なんとか実現できないものでしょうか。キュレーションではない記事の読み方というのを見つけたい。

 

 ジャーナリズムの意義というのは、世界にある情報(または作り出した情報)を取得して、それらを人が扱えるように加工(編集)して、エンドユーザまで送り届けることですよね。でも現在は、情報を生む人の増加や取得範囲が増加ばかりしてしまって、後者2つが少しおざなりになってる状況です。自然言語処理や推薦、要約などの加工術は発展してきてますが、それでもエンドユーザが浴びる情報の量というのは過大になってしまっています。googleは世界の情報を整理したけど、今後はそれら情報を人間が扱えるようにならないといけない。

その他おすすめ記事