pv数=お金の仕組みがある限りローガンは消えない

今日のおすすめ記事とコメント

リフレーミング技術

今日のおすすめ記事とコメント

 よくある啓発記事だけれども、内容が濃くて面白かった。細かく書かれてるし、特にそれぞれの方法論に具体例がついてるのが良いです。でも記事にも書かれてるけど、こういうのって意識すればするほど本末転倒になるんですよね〜

その他おすすめ記事

自分のクローンがゲーム内にいたら ブラックミラー「宇宙船カリスター号」レビュー

f:id:hirohuntexp:20180108235525j:plain

「宇宙船カリスター号」の概要

 Netflixオリジナル作品である「ブラックミラー」シリーズ。気づかない間にシーズン4が既に公開されてました。それももう6話まで。ということで1話から見ていこうと思います。1話のタイトルは「宇宙船カリスター号」。ブラックミラーシリーズは大体どの話も、現在存在しているテクノロジーや概念なんかを極端?に発展させた世界観の上で話が進みます。だからどの世界観もなんとなく既視感があり、その分結構馴染みやすい世界観になっています。ですがその分居心地が悪くもなります。

 「宇宙船カリスター号」の世界観は、完全没入型ゲームが完成している世界の話です。ソードアート・オンラインとかそういったものを思い浮かべれば良いと思います。これだけ聞くと「あ〜いつものSFね」と思うところですが、そこはさすがブラックミラー、独特な視点で描かれています。

 簡単にまとめると「ゲームを作り出した神vsゲーム内の登場人物」というストーリーです。これもよくある話ですね。けれど少し違うのは「ゲーム内の登場人物」というのが、現実世界の人間のクローンということです。現実世界の人間のDNAをゲームに取り込むと、その人間の完全なコピーがゲーム内に登場します。そして「ゲームを作り出した神」ももちろん現実世界の人間です。

 「ゲームを作り出した神」は現実世界で鬱屈な人生を過ごしています。そしてそんな要因を作り出している職場の人々のDNAを盗み、彼ら彼女らのクローンをゲーム内に送り込みます。そしてそこで神となった自分が職場の人々のクローンを虐めて、現実世界での鬱憤を晴らすという感じです。

 

 この話で設定されていることは以下のことです。

・現実世界の人間が装置を使って、ゲームの中にダイブできる

・現実世界の人間のDNAを使用することで、そのクローンをゲーム内に取り込むことができる

 一つ目はよくある設定っぽい気もしますが、2つめは以外となかったかもしれないですね。あくまでクローンというのが大事で、現実世界の人にとってはなんら関係のあるものではありません。この設定は結構良くて、ゲーム内に取り込まれた後も現実世界の記憶を持っているということになります。なのであくまでゲーム内の登場人物に過ぎないのだけれど、現実世界の概念も理解しているということです。今作ではそこまでこの深掘りされていないけれど、色々と想像が膨らむ設定ですよね。

 

ゲーム内にいる自分のクローンを客観視すること

 この映画を見終わった後に最初に感じたことは、「ゲーム内に自分のクローンがいた時、現実世界の自分はどう思うだろうか」ということです。「宇宙船カリスター号」の設定はゲーム内の境遇があまりにもひどがったのでアレですが、もっと違う世界の中で自分のクローンが存在しているとしたらどうでしょうか。

 自分のクローンということは、現実世界の自分がゲーム内にいた時と同じ思考・行動をとるということです。「全く同じ自分」が「全く違う環境」で考えて動いているというのは、なんとも奇妙で好奇心がくすぐられます。現実世界を極限に模したゲーム内なら、ある種シミュレーションもできるということですよね。

 「宇宙船カリスター号」に存在している自分のクローンももちろん想像しましたし、ファイナルファンタジードラクエCODやBFなどで想像するのがとても楽しかったです。よく自分がそのキャラになりきる、ということは子供の時とかにするかもしれませんが、自分とは別の存在としてゲーム内で活動しているクローンを外から見る、というのはまた違った趣があるのかもしれないですね。例えただの想像だとしても。いつか、そういう日が来るのでしょうか。

世の中の情報は整理されたけど、人が扱えるようにはなっていない

今日のおすすめ記事とコメント

 コメントを再掲すると

収益多角化とジャーナリズムによる価値の再考、信頼の回復。

報道に関しては殆ど人は関わらなくなってきて(そのほうが信頼できる)、その分析の方に価値が置かれるようになるのはホントにそうだと思う。でも読者からすると一つ当たりの記事に使う労力が増えると、今度は多くの記事を読むことができなくなる... 広く深く読むというのは、なんとか実現できないものでしょうか。キュレーションではない記事の読み方というのを見つけたい。

 

 ジャーナリズムの意義というのは、世界にある情報(または作り出した情報)を取得して、それらを人が扱えるように加工(編集)して、エンドユーザまで送り届けることですよね。でも現在は、情報を生む人の増加や取得範囲が増加ばかりしてしまって、後者2つが少しおざなりになってる状況です。自然言語処理や推薦、要約などの加工術は発展してきてますが、それでもエンドユーザが浴びる情報の量というのは過大になってしまっています。googleは世界の情報を整理したけど、今後はそれら情報を人間が扱えるようにならないといけない。

その他おすすめ記事

言葉って不思議

f:id:hirohuntexp:20180108233748j:plain

今日のおすすめ記事とコメント

 この記事を読むと、改めて言語ってホントに不思議だなって思います。言葉を扱ってなかった頃の自分を覚えてないけれど、その時頭の中はどういう風になっていたんだろうと思う。今は多くの言葉や概念を知っていてそれなりに周りを認識できているから、知らなかった時の感覚をもう思い出すことができない。全く言葉を知らなかった時もそうだけど、少し言葉を覚えた時期くらいの時の自分もとても気になる。タイムマシンができたら、子供の時の自分の発言にもっとよく耳を傾けてみたい。

 なんというか、言葉が人に与える影響って、言葉では考えられないからなんとも不思議な感覚になってしまいます。

 

その他おすすめ記事

判断することや、価値基準を作るのに必要なのは理性だけじゃない

今日のおすすめ記事とコメント

 コメント切れてるのでとりあえず再掲

なんか誠実な感じがして良いです。他にも探してみたい。

「感情抜きで物事を判断できない」っていうのは本当にそうだなと思います。結局理屈とか意識上で考えられる部分って、その感情から生まれる価値観を土台にして初めて意味があるんですよね。頭で行われる部分とはまた違う。

そう考えるとよく頭の良い人が、何か要領の良い行動を取らない人に対して見下してたりしますけど、それは頭の部分ではなくて土台の部分が違うからなんですよね。変化や進歩に関して価値を感じる土台を持っている人が良いと思う行動と、安定や平穏に関して価値を感じる土台を持っている人が良いと思う行動は全然違います。最近は前者の方で価値判断されがちで少し残念な気もします。

直接記事の内容とは関係無いのですけど、読んでてコメントのようなことを思いました。最近論理とか理性とかの力が強すぎて、その他の部分を重んじる人が社会的に軽んじられてる気がする。

もちろん論理とか理性は一種の一般性があるから、多くの人に平等に益を与えるとは思う。グローバル化が進んでいる今、最大多数の最大幸福を実現するには必要なことだと思う。

けれどやっぱりそればっかりじゃつまらなくて、むしろそういう部分はAIとか発展するに連れて自動で最適化とかしてくるんじゃないかと思う。そういう時には逆に、論理とか理性の出発点である感情とか感覚の部分が重要になってくる。

 

その他おすすめ記事

ビジネス知識は理解しておきましょう

今日のおすすめ記事とコメント

 最近あまりニュース読めてない・・・

noteで取り上げられていたこの記事が今日唯一読んだ記事だけど、ビジネスに疎い人にとっては良記事だと思います。でも全くの無知な僕からすると、調べながら読む感じになりました。でも理解する起点としては良いまとめです。

その他おすすめ記事